キノコ新聞

東京で貿易とWebメディア運営の会社を経営しています。独立してゆるく生きるコツ・人生のお悩み解決法・エモいレビュー(本・映画・音楽)を発信しています。水風呂、ビートルズ、重めの赤ワインが好きです。正直なところ吉高由里子も好きです。最近小説も書いてます。

レビュー

BLUE GIANT(ブルージャイアント)とかいうジャズ漫画がスラダン並の名作だった件

更新日:

 

こんにちは。「今世紀最もエモい評論家」こと、キノコ社長です。

 

BLUE GIANT(ブルージャイアント)というジャズ漫画を知っていますか?

 

知らない!? 今すぐ全巻買え!!

 

 

最近は暑すぎるので、ほぼ家で漫画を読んで過ごしてるんですが、これは久々に超面白かったですね。

 

平たく言えば、主人公の大(ダイ)が世界一のサックスプレイヤーを目指すという話です。

 

 

みなさんがっつりレビューしてるので、僕はサクッとレビューしたいと思います。

 

まず、以下3つのどれかに当てはまる人は、読んで損しない漫画でしょうね。

 

1. 泣きたい

2. スラムダンクが好き

3. 音楽が好き

 

泣きたい人は、BLUE GIANTを読もう!

 

 

 

もうとにかく泣ける。ネタバレになるから、あえて画像を貼りませんが、いちいち感情揺さぶってきやがる!

 

僕は映画や漫画で泣くことはほぼ無いサイコパス野郎ですが、これはマジで泣ける。

 

「なんでそんな一生懸命練習頑張れるん!?」

 

みたいな。

 

「え〜、なんでこいつこんな良い奴なん!?」

 

みたいな。

 

マジで読んでほしい。

 

 

スラムダンクが好きな人は、BLUE GIANTを読もう!

 

 

 

この漫画を読みながら、何かに似てるな〜と思ったんですよ。

 

気付きました。スラムダンクです。

 

・トッププレイヤーを目指してる

・全員めちゃくちゃキャラが立ってる

・才能・努力・挫折・嫉妬・立ち直りの表現力がヤバい

・名台詞が多い

・とにかく応援したくなる

 

スラダンってこんな感じですよね?BLUE GIANTもまさにこれです。

 

花道も最初は下手だけど、どんどん上手くなっていくじゃないですか?

 

ドリブルもまともにできなかったのに、最後はアリウープも楽勝で決めるじゃないですか?

 

BLUE GIANTの大くんも、最初は全然サックス吹けないんですよ。

 

でも最後の方には、それはもう…

 

あ〜、とにかく読んでほしい!

 

 

音楽が好きな人は、BLUE GIANTを読もう!

 

 

 

漫画って音は出ませんよね?

 

でもBLUE GIANTからは音が聴こえるんですよね。

 

うわ〜詩人みたいなこと言い始めたわ〜、引くわ〜

 

でも本当に聴こえて来るから不思議です。

 

ジャズに限らず、バンドをやったことがある人や、音楽が好きな人は、よりこの漫画を楽しめると思います。

 

もう、とにかく全巻買って今すぐ読もうぜ。

 

 

まとめ

 

BLUE GIANT(ブルージャイアント)は、スラダン並の名作です。

 

「手塚治虫文化賞」にもノミネートされてるみたいですね。

 

ほら、俺の目は節穴じゃなかった!

 

BLUE GIANT、マジでおすすめです。

 

引きこもりたい猛暑に、ぜひどうぞ。

 

〜スラダン好きだったバスケ部の元カノに思いを馳せながら〜

 

 

-, レビュー

Copyright© キノコ新聞 , 2020 All Rights Reserved.