キノコ新聞

東京で貿易とWebメディア運営の会社を経営しています。独立してゆるく生きるコツ・人生のお悩み解決法・エモいレビュー(本・映画・音楽)を発信しています。水風呂、ビートルズ、重めの赤ワインが好きです。正直なところ吉高由里子も好きです。最近小説も書いてます。

サラリーマン時代 独立のコツ アフィリエイト 副業

個人事業主(フリーランス)と会社員の違いを両方経験した僕が教えます

更新日:

 

こんにちは。キノコ社長です。東京で貿易とWebメディアの会社を経営しています。

 

最近「個人事業主(フリーランス)VS 会社員」的な記事をよく見ますよね。

 

この記事を読んでくれている人も、会社員から個人事業主(フリーランス)になりたい人が多いと思います。

 

僕は2015年まで会社員、2016年から個人事業主、2018年から法人化して社長になったので、全ての違いがよく分かっています。

 

ざっくり言うと、以下の3つが個人事業主(フリーランス)と会社員の違いですね。

 

①ルール

②モチベーション

③幸福度

 

この記事が、個人事業主(フリーランス)を目指している人の参考になるように、それぞれについてご紹介していきますね。


スポンサーリンク

 

個人事業主(フリーランス)と会社員の違い①:ルール

 

 

 

ルールとは、以下のようなものです。

 

・勤務時間

・勤務地

・給料

・仕事内容

・一緒に働く人(同僚・上司・部下)

・顧客

 

会社員は、これらのルールを自分で決めることができません。例を挙げると、こんな感じではないでしょうか?

 

【会社員のルール】

・勤務時間:9:0018:00

・勤務地:転勤あり

・給料:年功序列 

・仕事内容:面白い仕事もあるが、無駄な仕事(議事録・根回し等)も多い

・一緒に働く人(同僚・上司・部下):選べない。いい人もいるが、アホも多い

・客:選べない。いい客もいるが、死んでほしい客も多いw

 

一方で、個人事業主(フリーランス)の場合はこんな感じです。

 

【個人事業主(フリーランス)のルール】

・勤務時間:自由

・勤務地:自由

・給料:自分のポテンシャル次第 

・仕事内容:自由(受けたくない仕事は受けなくていい)

・一緒に働く人(同僚・上司・部下):自由

・顧客:死んでほしい客の仕事は受けなくていいw

 

とこんな感じでルールが全く違いますね。

 

会社員はルールを会社に決められ、個人事業主(フリーランス)は、自分でルールを決めることができます。

 

どちらが良いとか悪いではないですが、金を稼ぐ能力があるならば、どう考えても個人事業主(フリーランス)のルールの方が楽しくて生きやすい人が多いでしょう。

 

そういえば先日、久々に朝9時から渋谷でアポイントが入ったので満員電車に乗りましたが、圧死するかと思いました。もう二度と朝のアポイントは受けませんw

 

というように、ルールが違うというのが一つ目ですね。

 

個人事業主(フリーランス)と会社員の違い②:モチベーション

 

 

 

これは平たく言えば、仕事(金)に対するモチベーションです。

 

会社員はどれだけ売上を上げても、絶対に会社に搾取されます。

 

僕は「絶対」という言葉が嫌いなので滅多に使いませんが、これだけは絶対です。

 

一方で個人事業主(フリーランス)であれば、利益はすべて自分の収入になります。

 

どちらが仕事(金)に対してのモチベーションが高まるかと言えば、当然、個人事業主(フリーランス)でしょう。

 

僕の会社員時代を振り返ってみても、もう死ぬほどサボってましたからね。

 

営業だったので、仕事中に喫茶店や買い物は当然のようにしていましたし、家に帰って寝たり、彼女とセックスしたりしてましたw

 

 

とこのように、モチベーションが違うというのが二つ目ですね。(急変)

 

個人事業主(フリーランス)と会社員の違い③:幸福度

 

 

20代の会社員のうち、70%が日々の仕事にストレスを感じているようです。

 

 

 

引用元:DODA20代はたらき世論調査」

 

で、どんなことにストレスを感じているかというと、男女ともに「人間関係」が一位なんですよね。

 

 

引用元:DODA「20代はたらき世論調査」

  

先ほど「ルールが違う」のところで説明しましたが、個人事業主(フリーランス)は一緒に働く人も客も自分で選べます。

 

当然「こいつムカつくけど金になるから仕事受けるか〜」ということもありますが、実際マジで自分の懐に金入ってきますから、そんなムカつかないんですよね。逆に接待したりなんかしてw

 

これが会社員だと「ムカつく客(もしくは上司)と仕事しなきゃいけないのに、我慢代もねぇのかよ!」となりますよね。これは無理だわ〜

 

先ほどのデータを見ると、会社員の不満は、人間関係だけでなく、残業や仕事内容にもあるようですが、個人事業主(フリーランス)は、そこも全部自分で決められますからね。

 

会社員で「ストレスをまったく感じない」って人の割合が10%もいないというのはやばいですね。僕は最近ストレスがなさすぎるのがストレスですからね。満員電車乗ろうかなw

 

海外旅行に行こうと思えば、明日からでも行けますし、そういう自由に幸福を感じる人は個人事業主(フリーランス)の方がいいわな〜

 

とこのように、個人事業主(フリーランス)と会社員では幸福度が違います。


スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回の記事では、個人事業主(フリーランス)と会社員の違いについて、両方経験した僕がご紹介しました。まとめると、こんな感じです。

 

・個人事業主(フリーランス)と会社員の違い①:ルール

・個人事業主(フリーランス)と会社員の違い②:モチベーション

・個人事業主(フリーランス)と会社員の違い③:幸福度

 

まあ僕は個人事業主(フリーランス)を経て社長ですから、そりゃあ個人事業主寄りの記事になりますわな。

 

でも実際、独立してもまったく食えなくて会社員に戻る人もいますからね。僕だってその可能性もあると思うし。

 

まあ、別にそれでも良いと思うんですけどね。

 

会社員に戻っても、個人事業の規模を小さくして副業にしちゃえばいいわけだし。

 

副業禁止とかアホみたいなこと言ってる会社もありますけど、別に違法じゃないからバンバンやれば良いんですよ。(国家の機密情報を扱うような会社とかは知らんけどw

 

というわけで、ビバ個人事業主(フリーランス)

 

あなたの独立がうまくいきますように!


スポンサーリンク

 

-サラリーマン時代, 独立のコツ, アフィリエイト, 副業

Copyright© キノコ新聞 , 2020 All Rights Reserved.