キノコ新聞

東京で貿易とWebメディア運営の会社を経営しています。独立してゆるく生きるコツ・人生のお悩み解決法・エモいレビュー(本・映画・音楽)を発信しています。水風呂、ビートルズ、重めの赤ワインが好きです。正直なところ吉高由里子も好きです。最近小説も書いてます。

映画 レビュー

映画「永い言い訳」の感想。控えめに言ってかなりエモい。さすが西川美和監督

更新日:

 

こんにちは。「今世紀最もエモい評論家」こと、キノコ社長です。

 

Amazonプライムで無料だったこともあり、西川美和監督の映画、「永い言い訳」を見ました。

 

これはもう、控えめに言ってかなりエモかったですね。最近観た邦画の中でも、相当良い映画でした。

 

人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。

 

その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。

 

そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。

 

保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・

 

引用元:アスミック・エースHP

 

こんな感じのあらすじです。上映時間も124分とちょうど良い長さ。

→Amazonプライム会員に登録して今すぐ見る(月額325円で人気映画が見放題!)


スポンサーリンク

 

「永い言い訳」ネタバレなし感想・レビュー

 

 

主人公の人気作家、衣笠幸夫(本木雅弘)が、愛人(黒木華)と密会している時に、奥さん(深津絵里)がバスの事故で死んでしまうと。

 

なんやかんやあって、奥さん(深津絵里)の友達(堀内敬子(一緒にバス事故で他界))の旦那さん(竹原ピストル)と知り合い、衣笠がその二人の子供の世話をしながら、大切なものに気付いていくと。

 

映画のキャッチコピーは「妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。」と。

 

まあこんな感じの映画なんですが、衣笠は奥さんを愛していなくて、愛人もいる訳です。

 

そんな状況で奥さんが死んでしまっても、正直悲しくないんですよね。

 

だけど衣笠は有名な作家だから、本当は悲しくないのに、悲劇を装う必要がある。そこで自分の本音と現実の違いに苦しむ。

 

こういうことって結構あるよなあと思いませんか?

 

本当の自分と、相手が期待している自分のギャップ。

 

そこが大きいと、無理をしてしまうので、日々辛いんですよね。

 

本当の自分を世間にさらけだすのは不可能だけど、なんとか折り合いをつけて生きていかなきゃいけない。

 

そんな微妙な状況を、ものすごく上手に表現した映画だと思います。

 

西川美和監督は、こういう絶妙な心の機微を表現するのが本当に上手です。

 

思わず目を背けたくなる人間のいやらしさ、嫉妬、欲望に向き合い、それでも生きていく答えを探す。

 

「永い言い訳」は、そんな感じのエモい映画です。

 

「永い言い訳」ネタバレあり感想・レビュー

 

 

ここからネタバレするので、ネタバレが嫌な人はページを閉じましょう。

 

今ならAmazonプライムで無料で観れるので、登録がまだの人は以下からどうぞ。

 

→Amazonプライム会員に登録して今すぐ見る(月額325円で人気映画が見放題!)

 

さあ、ネタバレいきます!

 

もうね〜、とりあえず衣笠(モックン)がマジでクズ!w

 

奥さんがバスで死んでしまった時に、めっちゃ愛人とセックスしてますからね!しかも自宅で!(羨ましい)

 

愛人役の黒木華は、蒼井優の劣化版と言われており、その点については100%アグリーですが、とはいうもののやっぱソソるよねw

 

 

でそんなクズな衣笠なんですが、一緒に死んでしまった奥さんの友達の旦那の陽一くん(竹原ピストル)とその二人の子供と、どんどん仲良くなっていくんですよ。

 

最初の頃は、さみしかったのか、単なる興味本位なのか、子供もなつかず違和感があるんですけど、だんだん本当の家族みたいになっていくんですね。

 

だけど、衣笠は実体がクズだから、その良い関係を自らぶち壊してしまうんです。

 

というのも、自分は奥さんのことを全く好きじゃなくて、死んでも全然悲しくない不倫野郎なのに、陽一くんは、毎日死んだ奥さんのことを思って泣いてるマジで良い奴ですから。

 

衣笠は、そんな陽一くんや、その子供たちが眩しくなってきちゃうんですよね。で、お決まりの泥酔からの暴言で、関係崩壊ですw

 

衣笠は金持ちで有名作家でしかも顔もモックンですから超モテます。

 

一方で陽一は、貧乏でトラックの運転手で顔も竹原ピストルです。でも、大切に思っており、大切に思われている愛すべき子供がいます。

 

「結局金があって若くて綺麗な愛人がいても、自分のことを本当に愛してくれる人や、自分が本当に愛せる人がいないって不幸だよね」

 

というテーマを一貫して感じる作品でしたね。

 

お金もキャリアもあるけど、独身でなんとなく毎日虚しい。

 

そんな人にとっては、かなりわかりみが深い映画だと思います。


スポンサーリンク

 

まとめ

 

「永い言い訳」控えめに言って、かなりエモい映画です。

 

ピンときた人は、ぜひ観て下さい!

 

ただ、奥さんと観るのはおすすめしません!w

 

今ならAmazonプライムで無料で観れるので、登録がまだの人は以下からどうぞ。

 

→Amazonプライム会員に登録して今すぐ見る(月額325円で人気映画が見放題!)

 

〜昔ゴールを決めた、黒木華をさらに劣化させた感じの看護師に思いを馳せながら〜


スポンサーリンク

 

-映画, レビュー

Copyright© キノコ新聞 , 2020 All Rights Reserved.