キノコ新聞

東京で貿易とWebメディア運営の会社を経営しています。独立してゆるく生きるコツ・人生のお悩み解決法・エモいレビュー(本・映画・音楽)を発信しています。水風呂、ビートルズ、重めの赤ワインが好きです。正直なところ吉高由里子も好きです。最近小説も書いてます。

人生のお悩み解決法

今流行りのオンライン飲み会を今まさに嫁 or 旦那が隣でやっててうぜえ人へ

投稿日:

 

こんにちは。キノコ社長です。東京で貿易とWebメディアの会社を経営しています。

 

絶賛コロナ自粛中ということで、世の中ではオンライン飲み会が流行っています。

 

まあ僕は友達がほぼいないのでもちろんやったことはないんですが、交友関係が広い嫁はまあ毎晩のようにやっています。というか今もやってまして、声が聞こえてきて寝られないので耳栓をしてこの記事を書き始めました。

 

嫁のことはもちろん好きであり今後も婚姻関係は継続してくであろうというのを前提として言いますが、正直うぜえw

 

僕みたいに「家族に隣でオンライン飲み会やられてうぜえ」と思っている人は結構いるのではないでしょうか。そんな人はこの記事を読んでみてチョンマゲ。


スポンサーリンク

 

オンライン飲み会してまで話したいことなんてあるの?

 

まず思うんですけど、そんなわざわざオンライン飲み会を催してまで話したいことなんてあります??

 

俺から言わせてもらおう。「そんなものはない」と。

 

なんとなく自粛自粛でストレスが溜まって発散したいとかそういうことなのかな?

 

晴耕雨読って言葉知りませんか?

 

本を読め本を。

 

いつ終わるの?と聞きたくても聞けないこのイライラ感

 

僕のファンはともかく、この記事で僕に初めましての方はこう思ったはずです。

 

「こいつはなんて心が狭いんだ…」と。

 

しかし僕は相対的に言えば心が広い方です。

 

家事・育児も明らかに他のパパよりやっていますし、その上で嫁に対しての日々の「ありがとう」を欠かしませんし、しかも社長であるにもかかわらず、社長感を出してイキるということもしません。

 

まさに聖人君子。現代のデキるパパの鑑と言って差し支えないでしょう。

 

嫁が飲みに行くと言えば、「お〜いいよ!楽しんでおいで!」と全盛期の坂口憲二なみに爽やかな笑顔で快く送り出し、子供にご飯を食べさせ、お風呂に入れて寝かしつけるという一連の流れを息を吸って吐くかの如くこなします。もちろん嫌な顔一つすることはありません。

 

さて話を本題に戻しますが、「オンライン飲み会ってあれいつ終わるの!?」

 

ダラダラダラダラ〜

 

もううるさくてイライラして寝られないので、「いつ終わるの!?」と圧をかけながら聞きたいところですが、それをやってしまったら嫁には嫌な顔をされるのが確定、さらに嫁の友達にも「うわ、この旦那心狭ッ!ちょっとくらいは息抜きさせてやれよ…」とか思われるのは必至!

 

なぜなら俺は現代のデキるパパの鑑なのにそれをそいつらは知らないからです。

 

というわけで、いつ終わるとも知れないダラダラとしたオンライン飲み会の終わりをイライラしながら待つことになるわけです。終わりなき旅です。

 

普通の対面飲み会なら遅くても終電とかでは帰ってきますし、まあ帰ってこなくても別にうるさくないから先に寝てしまうわけなんですけど、オンライン飲み会は終電もないからいつ終わるのかも分からずダラダラダラダラ〜、これが隣にいる旦那 or 嫁にとってはたまらなくうざいんですよね。


スポンサーリンク

 

対処法

 

そこで今流行りのオンライン飲み会を嫁 or 旦那が隣でやっていてうぜえ時の対処法を紹介します。

 

対処法の一つ目は耳栓です。僕はそもそも耳栓が好きなので今まで20種類以上試してきましたが、Moldexスパークが一番いいですね。100%遮断まではいけませんが、85%減くらいはできるイメージです。

 

 

対処法の二つ目は、舌打ちです。いや嘘嘘w

 

そういうことやるとすぐD Vとか言われますからね〜

 

耳栓以外の対処法ですが、耳栓の上からさらにイヤーマフです。

 

 

ここまでやるとマジでほぼ100%音を遮断できますし、このイヤーマフをつけて嫁の後ろ(つまり他の参加者からも見える)を通り過ぎることで「うわ、こいつの旦那めっちゃ音遮断してるよ。もしかしてヤバイ奴かな…」と無言の圧と得体の知れないプレッシャーをかけることができますw

 

最後の対処法ですが、まあ諦めるしかないわな。そういう人を愛して結婚を決めたのは君なんだからさ。

 

じゃあ離婚して一人で生きていくんですか?

 

これまで嫁や旦那に助けてもらった恩義は?

 

自分を成長させてくれたたくさんの思い出は?

 

そして何より可愛すぎる子供の笑顔を手放すの?

 

いや話すごいところまでいったw

 

でも結局そういうことですよね。何もかも自分の都合の良いように生きたいなら一人で生きていくしかありませんからね。どんなに自分を崇拝していて、「この人を支えることが私の生きがいです」みたいな人と結婚したとしても、100%自分の思い通りになることはありませんし、たとえ最初は限りなく100%自分の理想通りに進んでいたとしても、人って慣れてくると自己主張し出して、その主張同士がぶつかり合って、結局こんなはずじゃなかったみたいなことになりますから。

 

いや深い深いw

 

まあ結論としては、耳栓やイヤーマフを駆使し防音しながら、本を読んだり僕のようにこういうブログを書いてスッキリするというのが良いんじゃないかな。

 

 

 

というわけで、人類がコロナに打ち勝ち、この世からオンライン飲み会が消えてなくなりますように☆


スポンサーリンク

 

-人生のお悩み解決法

Copyright© キノコ新聞 , 2020 All Rights Reserved.