キノコ新聞

東京で貿易とWebメディア運営の会社を経営しています。独立してゆるく生きるコツ・人生のお悩み解決法・エモいレビュー(本・映画・音楽)を発信しています。水風呂、ビートルズ、重めの赤ワインが好きです。正直なところ吉高由里子も好きです。最近小説も書いてます。

レビュー

理系の人ってカッコイイなあと思ってる文系は「文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る」を読んで空が青い理由を説明できるようになろう

投稿日:

 

こんにちは。キノコ社長です。東京で貿易とWebメディアの会社を経営しています。

 

突然ですが、理系の人ってカッコイイですよね。どんなことでも具体的に説明できる感じが。何かと数式使ってきたりw

 

僕は根っからの文系なので、理系の人への憧れが強いんですよね。でも今さら数学を勉強するのもキツすぎるので、美味しいところだけ理系的なノリで説明できるようになりたいです。

 

例えば「空は何で青いのか?」とか「相対性理論って何?」とか、そういうことを。

 

 

空はなぜ青いのか?

 

太陽光のうち、波長の長い赤い光はまっすぐに進みやすいのに対し、波長の短い紫、藍、青といった青っぽい光は、進路を曲げられ、散乱しやすいのだ。だから、空の上では青い光があちこちに散らばっていて、太陽とは違う方向から目に入ってきた光というのは、青い光が多く、空は青く見えるというわけだ。

 

ということらしいですw

 

一方で朝や夕方はなぜ空がなぜ赤いのかというと、太陽と地球の間の大気の層が厚くなるため、波長の短い青い光は途中で消えてしまい、波長が長い赤い光しか届かなくなるかららしいです。

 

俺カッコイイw 理系っぽいw


スポンサーリンク

 

原子とはどのくらい小さいのか?

 

ちなみに原子がどれだけ小さいのかと言えば、1センチメートルの1億分の1ほど。これだけでもいかに小さいかがわかると思うが、もっと言えば、1リットルの水を半分にすることを 85 回繰り返すと、ようやく水分子の大きさになる。これがどれだけ小さいかと言うと、地球上にある海の水をすべて米粒に変えたと想像してほしい。その米の海に対する米粒ひとつ分の割合が、1リットルの水に対する水分子ひとつ分の割合とちょうど同じだ。原子や分子がいかに小さいか、わかっていただけただろうか。

 

お分かりいただけたやろか?w

 

というわけで、こういう感じで女を口説きましょう。

 

あなた「水って何でできてるか知ってる?」

 

女「え~わかんなあい…(何言ってるのこの人…?)

 

あなた「水っていうのはね、H2Oって言って、水素原子2つと、酸素原子1つが結びついた水分子の集まりなんだよ。」

 

女「へえ~そうなんだあ。(この人なかなかやるじゃない!)」

 

あなた「さらにその原子っていうのはね…中略…、だから原子の集まりである僕らが出会えたのは奇跡なんだよ。」

 

女「ほんとにそうね…(ステキ!抱かれたい♡)

 

こうなることは間違いありません。


スポンサーリンク

 

まとめ

 

というわけで、理系の人ってカッコイイなあと思ってる文系は「文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る」を読んでみましょう。

 

空が青い理由も分かりますし、結果的に女にもモテるようになります。

 

ちなみに相対性理論によれば、地上から離れるほど時の流れが速くなります。重力が弱くなるからです。

 

高さ634メートルのスカイツリーのてっぺんと地上では、地上の方がゆっくり時間が進むんです!

 

1日に100億分の1秒ですがw

 

まあでもこういう本って知的好奇心が刺激されていいよね。ぜひ読んでみてチョンマゲ。

 


スポンサーリンク

 

-, レビュー

Copyright© キノコ新聞 , 2020 All Rights Reserved.