キノコ新聞

東京で貿易とWebメディア運営の会社を経営しています。独立してゆるく生きるコツ・人生のお悩み解決法・エモいレビュー(本・映画・音楽)を発信しています。水風呂、ビートルズ、重めの赤ワインが好きです。正直なところ吉高由里子も好きです。最近小説も書いてます。

レビュー 人生のお悩み解決法

声を失っても前向きに生きているつんく♂さんから学べること

更新日:

 

こんにちは。書評家のキノコ社長です。

 

生きていて毎日楽しいことばかりなら最高ですが、残念ながら辛いこともあります。

 

「何で俺(私)がこんな目にあわなきゃいけないの?」

 

そう思うこともあるでしょう。もちろん僕もよくあります。

 

世の中は公平ではありません。頑張っていても必ず報われるわけではないし、健康に気を使っている人が大病にかかったり、ものすごく良い人に限って早く亡くなってしまったりします。

 

先日、つんく♂さんの「だから、生きる。」という本を読みました。

 

つんく♂さんといえば、日本人なら誰もが知る天才ミュージシャンです。

 

シャ乱Qのボーカルとしてはもちろんのこと、モーニング娘。をはじめとするハロー!プロジェクトのプロデューサーとしても素晴らしい楽曲を生み出してきた人です。

 

そんなつんく♂さんが、2014年に喉頭ガンで声帯を摘出することになってしまいました。

 

「だから、生きる。」はその絶望を経験し、それでも前向きに生きているつんく♂さんの思いをつづった素晴らしい本でした。

 

created by Rinker
¥261 (2020/10/26 13:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

「つんく♂さんが声を失うこと」に匹敵する絶望に自分なら耐えられるか?

 

 

喉頭ガンの手術で喉頭を全摘出すると、まず声が出せなくなります。また食事にもだいぶ時間がかかるようになり、入浴にも気をつけないといけなくなります。

 

リハビリによってある程度は改善されますが、やはり生活は非常に不便になるでしょう。

 

僕がもし喉頭を全摘出することになった場合、ショックは非常に大きいと思います。

 

しかし、つんく♂さんにとっての喉頭の全摘出は、僕とは比較にならないほどの意味を持っていたはずです。

 

理由は言うまでもありません。

 

僕は文章を書いたり、貿易事業をして暮らしていますので、目と指が使えなくなると相当厳しい状況になります。というか多分仕事ができなくなります。

 

つんく♂さんにとって「声を失う」というのはそのレベルをはるかに超えるほどの事態だったはずです。

 

シャ乱Qのボーカルとしての仕事はもちろんできなくなりますし、ハロー!プロジェクトの作曲時も仮歌をご自分で入れていたようなので、その仕事も厳しくなります。

 

「日本を代表するミュージシャンが声を失う」

 

もし自分が同じ立場だったらと考えると、とても耐えられる自信はありません。

 

なぜつんく♂さんは絶望から立ち直れたのか?

 

 

詳しくは本を読んでもらえればと思いますが、やはり家族の支えが一番大きかったようです。

 

「僕は妻を愛している。子供たちを愛している。だから生きる。」

 

シンプルで力強く、めちゃくちゃ素敵な言葉です。

 

この心境にたどりつくまで、とても時間がかかったはずです。ものすごく泣いたはずです。

 

それでも今、前を向いているつんく♂さんは本当にカッコいい。強い。

 

こんなにすごい人だからこそ、多くの名曲が書けるんでしょうね。

 

つんく♂さんはあとがきで、非常に力強いことを言っています。

 

長くとも短くとも己の人生。楽しく生きるしか無い!それにつきる。楽しくなかったらなんのため?!って心から思うから。  

 

病気は人生最悪の出来事だったけど、だからこそ気づけた事も、学んだ事もたくさんある。だから今はとりあえず、前を向いて毎日一歩ずつ進んでいきたい。さあ、今日も楽しくいきますか!


スポンサーリンク

 

まとめ

 

「声を失っても前向きに生きているつんく♂さんから学べること」について書きました。

 

家族を大切にして、毎日を楽しく生きる!

 

結局、幸せってこれに尽きるんじゃないでしょうか?

 

だって、あのつんく♂さんがそう言うんだから。

 

つんく♂さんとあなたが、毎日楽しく生きていけますように!

 

created by Rinker
¥261 (2020/10/26 13:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

-, レビュー, 人生のお悩み解決法

Copyright© キノコ新聞 , 2020 All Rights Reserved.