キノコ新聞

東京で貿易とWebメディア運営の会社を経営しています。独立してゆるく生きるコツ・人生のお悩み解決法・エモいレビュー(本・映画・音楽)を発信しています。水風呂、ビートルズ、重めの赤ワインが好きです。正直なところ吉高由里子も好きです。最近小説も書いてます。

レビュー

ロレックスの何がいいのかなんて、買わない奴には一生分からないからとりあえず買ってみな

投稿日:

 

こんにちは。キノコ社長です。東京で貿易とWebメディアの会社を経営しています。

 

僕は腕時計が好きです。「これいいな~」と思うとためらわずに買ってしまいます。あまりにもためらいがなさすぎて、自分で自分が怖い時があるほどですw

 

てなわけで今まで何十本もの腕時計が僕の前を通り過ぎていったんですが、そんな中でも永遠の一軍がいます。

 

彼(彼女?)の名は、「ROLEX(ロレックス)/ SUBMARINER(サブマリーナー)」です。

 

created by Rinker
ROLEX(ロレックス)
¥1,629,800 (2020/10/23 22:31:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

ロレックスがすごい3つの理由

 

ロレックスといえば、泣く子も黙る高級腕時計界のキングです。機能、歴史、売上、どこを取っても最強の部類に入ります。

 

そんなロレックスは何がすごいのか?

 

「ロレックス すごさ」でググれば、死ぬほどたくさんのサイトが出てきて詳しく説明してくれるので、僕はものすごくシンプルに説明します。

 

①世界初の防水機能を搭載(モデルによってはダイビングも可能)

②世界初の自動巻き機能を搭載(毎日つけている限り止まらない)

③世界初の日付機能を搭載(0時近くに自動的に日付が変わる)

 

マニアックな機構の成り立ちや用語については他サイトに譲りますが、今や当たり前となった上記3つの機能を最初に開発・搭載したのがロレックスです。すごいでしょ!


スポンサーリンク

 

高いリセールバリューに代表されるハンパないブランド力

 

リセールバリューとは、一度購入したものを販売する際の再販価値のことです。ロレックスはこのリセールバリューが圧倒的に高いです。

 

例えば超人気のコスモグラフデイトナというモデルがあります。定価1,309,000円に対してリセールバリューは220~230万円(2019年11月現在)つまり買った瞬間に売れば100万円儲かります。

 

コスモグラフデイトナだけでなく、他のプロフェッショナルモデルと呼ばれるタイプも高いリセールバリューを誇ります。(私のサブマリーナーも今売れば買った価格より高く売れます)

 

じゃあ働かずにそれやりまくればいいじゃん!と思いませんか?僕も昔はそう思っていました笑

 

でもできないんだよな~それが。僕の愛用するサブちゃんことサブマリーナーでさえ、ほとんど正規店には置いてありません。何度も通うことでやっと手に入れることができる腕時計なんです。

 

特にコスモグラフデイトナなんて、一年以上毎日通い続けても買えない人がたくさんいます。

 

ロレックスはブランド価値を落とさないために生産数量を調整しているんですよね。

 

そういう媚びないスタイルがまたかっこいいですよね。だって営業も広告も全然しなくても勝手に売れるんですよ?すごいぜロレックス!

 

ロレックスをディスる奴は3タイプ

 

そんな腕時計界のキング、ロレックスをディスる奴は以下の3タイプです。

 

・タイプ①:ロレックスなんて老害!時間なんてスマホでいいっしょ!とか言う意識高い系

・タイプ②:ロレックスは生意気&贅沢!無難な時計を選ぼう!とか言うダサいおっさん

・タイプ③:私はロレックスよりパテックフィリップが好きですね。とか言うガチの金持ち

 

タイプ①の99%は金がないだけですね。口座に10億振り込まれたらロレックスを買いに行くはずです(偏見爆発w)

 

タイプ②の50%は自意識過剰です。誰もお前の時計なんか見てないって。そうやって一生謙虚な自分を演じて抑圧されながら生きていきな。残りの50%は金がないだけなので、10億あればロレックスを買いに行きますw

 

タイプ③はうらやましい。俺の口座に10億振り込んで欲しい。


スポンサーリンク

 

まとめ

 

「ロレックスの何がいいのかなんて、買わない奴には一生分からないからとりあえず買ってみな」という記事を書きました。

 

この記事を読んでくれている人は、本当はロレックスが欲しいから読んでるんですよね。

 

まあでも僕が何を言ったところで、結局ロレックスの本当の良さは買って身に着けないと分からないですよ。ビートルズを聴いたことが無い人にビートルズの良さを説明できないですもん。

 

ただ僕が言えることは、冒頭に書いたように、僕の前を何十本もの腕時計が通り過ぎていきましたが、このサブちゃんだけは手放す気になれません。

 

将来的に子供に譲るとかもまた素敵やん。

 

人気モデルはなかなか正規店では買えませんが、探し回るのもまた楽しいですよ。

 

僕は今日も、サブちゃんこと「ROLEX(ロレックス)/ SUBMARINER(サブマリーナー)」とともに楽しく時を過ごします。

 

Time is Life.

 

あなたにとって、今日もいい日でありますように。

 

created by Rinker
ROLEX(ロレックス)
¥1,629,800 (2020/10/23 22:31:28時点 Amazon調べ-詳細)


スポンサーリンク

 

-レビュー

Copyright© キノコ新聞 , 2020 All Rights Reserved.